でじろーくん - でじろーくんの特徴

でじろーくん
データ収集・活用ツール

因幡システム合同会社    お問い合わせ

でじろーくんの特徴

でじろーくんのできること

  1. IoT(モノのインターネット)の推進をご提案します
    • WEBブラウザー上で接続機器の状況をリアルタイム表示し、離れた場所からでも現場の状況を見ることができます
    • WEBブラウザー上で収集データのグラフ化ができるので、表計算ソフト等のグラフ作成作業を効率化することができます
    • 指定した基準時刻と周期毎に稼働状態と収集データの最新値を自動発信メールでお知らせすることができます【Ver.1.3以降】
    • 警報を設定し、警報発生時に、WEBブラウザ上やメールでお知らせできます【Ver.1.3以降】
    • 専用のブラウザー画面の作成等、カスタマイズのご要望にお応えいたします
  2. 帳票の自動作成、ペーパーレス化の推進をご提案します
    • 帳票と毎日のデータをmiceoSDに自動書き出しすることができます
    • 帳票は、日報と週報をデータ毎にPDFファイルとして自動作成します【Ver.1.2以降】
    • 帳票に、トレンド日報にてトレンドグラフと時間毎の瞬時値をPDFファイルとして自動作成します【Ver.2.0以降】
    • 毎日のデータをcsvファイルとして自動作成します
    • microSD内の帳票PDFファイルとデータcsvファイルは、WEBブラウザーでダウンロードすることができますので遠隔で確認・操作することができます
    • 専用の帳票フォーマット等、カスタマイズのご要望にお応えいたします
  3. 管理コストの削減をご提案いたします
    • 有償の専用アプリケーションは必要なく、WEBブラウザーで設定が簡単にできます
    • ラダープログラムや操作表示器の画面データを個別に作成する必要はなく、本体のWEBサーバー機能でブラウザー操作できます
    • 自動作成するファイルは全て電子データです
    • 電子データはファイル名に日付を使用していますので、検索が簡単にできます
    • 帳票をPostScript3対応プリンターから自動印刷できます【Ver.2.0以降】
    • 自動印刷した帳票はPDFファイルでバックアップされています【Ver.2.0以降】
  4. データベースサーバー機能でIT化の推進をご提案いたします
    • 本体にDBサーバー機能を持っていますので、収集データの高度な活用が可能です
    • 外部のDBサーバーへデータをSQL形式で書き込みますので、でじろーくん以外のシステムと連携したデータベースを構築することが可能です
    • でじろーくんを使用した、専用のデータ構築のご要望にお応えいたします
  5. RS485(Modbus RTU)機器のデジタルデータを収集します
    • 産業界の標準的なプロトコルの為、接続メーカーを選びません
    • 機器の値をデジタルで読み取りますので、アナログロガーのようなデータの劣化がありません
    • マルチドロップ配線により、アナログロガーに比べて省配線です
    • アナログ/RS485変換器(AR1Xシリーズ)によりアナログデータの収集も可能です
  6. PLC(MCプロトコル)の内部データを収集します
    • RS485機器とPLCの同時データ収集が可能です
  7. 電源ワイド入力 AC100-240Vに対応しています
    • コンセント電源AC100V、盤内電源AC200Vから電源を取ることができます

カタログ・仕様書のダウンロードページへ

画面サンプルページへ